妊娠中の肌トラブル【赤み編】

妊娠中には、さまざまなお肌の変化が見られるのをご存じですか?
実は、妊娠中にはホルモンバランスが変化することによって、「肌の変化」みられるそう。約80%近くの方が実際に肌の変化を感じているそうです。

レナセルクリアセラムは販売店で市販されている?話題の美容液の購入方法から効果口コミまでを全暴露!

≪実際に経験した妊娠中の肌トラブル≫
私も妊娠して肌の変化を感じましたが、中でも悩まされたのが「顎ラインの赤み」でした。妊娠初期から、少しずつ赤みが出てきて不思議に思っていましたが、中期に入ることには誰が見ても分かるくらいの赤みに…。
ポロポロと皮膚がはがれてきたり、痒みが止まらなかったりと日に日に肌が荒れてくるのが分かりました。
市販の化粧水を使ってみましたが、ピリピリしてしまい使用を断念しました。

≪妊娠中の肌トラブルへの対処法≫
そんな「顎ラインの赤み」に悩まされていた私でしたが、産婦人科の先生に相談したところ、あっさりと塗り薬を処方していただきました。
ヒルドイドローションという塗り薬で、保湿をしてくれるものだと説明を受けました。帰宅し、早速その晩から塗ってみたところ、翌朝少し肌荒れが落ち着いているのが分かりました!(ヒルドイドローションは、日光に当たると変色してしまう性質があるとのことで、夜間に塗るようにお医者さまからお話しがありました。)

≪まとめ≫
妊娠中の肌荒れはホルモンバランスが変化することによって起こることが多いので、悩まずにお医者さまに相談するのがおすすめです!