年齢と共にお肌にとって大事なこと

現在アラサーです。
学生時代はニキビや肌荒れなどに悩んだ経験はなく、適当なスキンケアで過ごしていました。
外に出る時、日焼け止めは塗る程度で、のちのちのことなど考えていませんでした。

http://www.ifshaworld.com/

大学を卒業し社会人になってからというものの、忙しさからコンビニ弁当やスーパーのお惣菜を利用することが増え、ましてお酒も好きだったので仕事終わりの1杯2杯は当たり前でした。
1年経った25歳頃、肌の不調を感じ始めました。最初はちょっとニキビができるくらいですぐ治ったのですが、同じ場所に繰り返しできるようになり、癖ついたかのようで大きな悩みとなりました。

仕事のストレスや食生活の乱れから来ているものだと感じ、改善をかけましたがすぐに効果は出ず、、、悩んで余計増えたかのように感じたりで悪循環です。

年齢が重なるに連れて、あらゆる情報を調べるようになったのですが、効果があるとしてよく耳に入ってきたのは「保湿」でした。
デパートで化粧水、乳液をライン買いしたり、口コミでいいとされるものを買ったりいろいろ試しました。

結局は、「どの化粧水を使うのか」ではなく「どれだけ丁寧にたっぷり保湿するか」でした。

薬局であるものでいい。それらを惜しみなく何度も顔に浸して、最後にはしっかり乳液やクリームで保湿。

これに勝るものはありません。