カテゴリー: ヘアケア

年代ごとに変わる髪の悩み

若い頃は、毛量もたくさんの黒髪でまとめるのも大変。http://shibugaki.main.jp/

結構すいてもらっていたのを覚えています。40代を過ぎる頃から、本格的な髪の悩みが出始めてきました。白髪がチラホラ出始めた頃は、まだまだそんなに悩みといった感じではありませんでした。まず私を襲った本格的な悩みは、抜け毛です。洗髪している時もそうなのですが生活の中でも結構抜けて、見るたびに悲しい暗い気持ちになりました。

頭皮に塗る育毛剤や飲むサプリのようなものも試しましたがいっこうに効く気配はありませんでした。そんなこんなしているといよいよ、分け目や前髪が薄くなり目に見えて薄毛が進行してきました。髪型も上手く決まらず、縛った髪の束は、若い頃の半分ほどになりいよいよ危機的状態になっていきます。

そんな状況に追い討ちをかけるようにチラホラだった白髪がみるみるうちにあちらにもこちらにも何か手を打たなければ、といった状態になっていきました。なかなか合う白髪染にも出会えずにいよいよ髪に対するストレスが大きくなっていきました。

現在では、抜け毛はまだまだ多いもののなんとか持ち堪え、白髪染についても染まりは満足いくものではないものの自分に合った白髪染と美容院を見つけ、なんとかやっています。これからもアンテナをはって良さそうなものは試していきたいと思います。

髪がオイリーな悩み

髪の毛が通常の方より以上なほど、脂っこくて悩んでいます。ノ・アルフレの口コミ&評価!販売店で市販されている?

年齢とともに脂も減ってくるというけれど、私の場合は全くあてはまりません。

朝、起きてからまず髪の毛をシャンプーで洗います。オイリーなので、オイリーになるトリートメントなんて、私の髪には使用できません。

そして、夜には、脂っこくて、夜に誰かと会う日など、その日洗っているにもかかわらず、髪の毛を毎日、洗っているのかと確認されるほどです。体調でも悪くて、1週間ほど、お風呂に入れていないのかなと勘違いされるほどです。

そして、忙しい日、次の日、髪を洗えなかった日は、最悪な気分になります。髪の毛がベトベトしているのを感じて、洗ったばかりのきれいなサラサラ、ふわふわ感はなく、ぺったりとオイリーな髪にになり、見た目も最悪になります。そして、かゆみも出てきますので、いかに髪のかゆみを忘れるかの自分との闘いになります。

かゆすぎて、人のいない場所でそっと掻いてしまったら、また最悪の状態です。もちろん、髪の毛はボサボサになります。ボサボサになった髪の毛をくしでとかすことになります。でも、ふけみたいのが出てくるので、注意して、落とさなければならないのが、すごく日々の私の悩みです。

艶のある髪を目指すこと

思わず触れたくなるようなツヤのある髪というのは誰でも憧れるものではあります。http://seattletters.org/

しかし、実際にそれを実現するためには結構な苦労が必要となることでしょう。しかし諦める必要性もないわけでパサついた髪質だからといって非常に美しい艶のある髪を諦めることはないです。

毎日の積み重ねによって意外と叶えることができることでもありますので意識しておくことです。髪の艶を良くすることといえばまずはシャンプーでしょう。一言で良いシャンプーを使いましょうと言いたいところではあるのですが実際何が良いシャンプーなのかというのは結構わかりにくいことです。

何か素敵な成分が入っていればそれが一番良いのかと言うとそうではなかったりもしますし、実は石鹸シャンプーの上に髪の毛に負担があんまりかからないシャンプーというようなものの方が良かったりすることもあります。これは人によって違います。

まずは自分の髪質をよく見ることにしましょう。つまりは、ダメージがかなり強くなっているなら回復させるようなシャンプーのが良いでしょうが、そうでもないのであればあんまり髪の毛に負担が少ない低刺激系のシャンプーにして自力で回復させるようにすることもよいでしょう。

私の髪の臭いと、パサつきが嫌なのです

毎日の入浴のさいには、私はもちろんからだと髪とを共に洗います。

ノ・アルフレの悪い評価の口コミや悪評などを徹底検証!

身体も少し障害があることで、

お風呂に入る事も、面倒くさいと感じるときもあります。

でも、髪の臭いがし始めるのがちょうど24時間くらい経った

時なのです。

仕事休みでお風呂に入る時間が、少し遅めになると

やはり髪あたりの頭皮に、嫌なにおいが私にプンとするのです。

それがやはり、前のお風呂で髪を洗った時間から言っても、

ちょうどまる一日となる24時間後なのです。

からだは特に24時間たってもにおいはきつく感じないのですが、

頭皮のにおいがきついと感じるのです。

他人の事を言って申し訳ないのですが、

人の頭皮の臭いがくさいと感じたことがあります。

その様なわたしが、同じ臭さを周りの人に感じさせることは

マナー違反と思うのです。

そして自分の髪を大切にする為にも、面倒くさいと思っても

シャンプーはやはり入念にすることは必要です。

髪に潤いを与えるにも、

トリートメントは必要です。

髪がパサつかない様にするためには、リンスだけでは

対処できなくなり、

一週間に一度のトリートメントはするのです。

以前は毎日の様にしていた頃もありましたが、

家計に負担が掛かります。

でも、最低一週間に一度は必要と思っています。

硬くて多い髪って扱いにくい

髪の量が多く、硬いためヘアアレンジに一苦労しています。

定番ヘアアレンジくるりんぱをやろうとすると髪のコシが強すぎて元に戻ってしまい、くるりんぱができたためしがありません。三つ編みをすると、最初は順調かと思いきや中盤あたりから聞き分けの悪い髪の毛たちがツンツンと出てきてしまいます。ワックスやヘアスプレーで落ち着かせようと試行錯誤しますが、全く効き目がありません。

むしろ仕上がりが微妙な感じになってしまいます。お団子を作ろうとすると、ピンが尋常じゃないほど必要になります。これでもかというほどピンをブスブスと挿していくので、頭皮が痛くてたまりません。やっとのことで出来上がったお団子を見ると、そこにあるのはかなり巨大な髪の塊。お手本とは程遠い完成形に、途方に暮れてしまいます。また、髪が硬いことで思わぬケガをしたこともあります。

いつものように何気なく髪を手櫛でまとめようとしていたところ、突然手のひらにチクッとした痛みが走りました。何事かと思い手のひらを見るとなんと0.5㎝程のナイロンのように固く丈夫な毛が手のひらの皮に突き刺さっていました。これには自分でも驚きました。まさか、髪の毛が刺さることがあるなんて思いもしませんでした。

髪の毛の悩みはなんですか?

髪の毛の悩みって、人それぞれですよね。

私の昔からの悩みは、細くて量が少ないこと。

生まれもった毛質だからどうしようもありませんが(笑)

量が少ないとトップにボリュームが出にくいんです。

細めのヘアピンやバレッタとかも、すぐに落ちてきてしまうし。あと、太めのヘアゴムも髪がすり抜けてしまうので使えません。気に入ったデザインのヘアアクセを買って、いざ付けたらすぐに落ちてきてしまったりほどけたりなんて経験が、今までに何度もあったり。

それに加えて毛質が柔らかめなので、ワックスを使っても全く固まらず・・・。せっかくショートにしても、あまりアレンジできません。

美容院では最初に必ず、すき過ぎないで下さいとお願いしてます。

ただ、毛量が多めの友達に、お風呂の後に乾かすのが楽そうで良いな?と言われたことがあります。確かにそうかも。せっかくお風呂に入ったのに、ドライヤーでまた汗かいちゃいますもんね(TT)

最近の悩みでいうと、毛先がパサついて枝毛が増えたこと。

ドライヤーで乾かす前には必ず洗い流さないトリートメントを付けたり、熱風はなるべく毛先に直接当たらないように気を付けているんですが・・・。

ほぼ毎日ストレートアイロンをかけているから、あまり意味は無いのかも!?

アイロンする時は一応、温度は高すぎないように・なるべく回数を減らす、というのを意識してます。

あと、枝毛を見つけると、ついつい割いちゃいます(笑)髪に良くないって分かってはいるんですけど、快感なんですよね(*_*)

他にも、カラーをしても色が抜けるのが早かったり、雨の日や汗をかいた後にうねったり、髪の悩みは尽きません・・・。

みなさんはどうですか?

マッシュルームヘアが流行る前に私が初めて経験した事

髪の毛の量が多い。正直その一言に限る。

小さい頃から悩みだった、特に意識し始めたのは小学3年生の時だった。友達の家へ泊まりに行った時、普段実家ではあまり使わないドライヤーを友達のお母さんから勧められた。季節は冬だった。実家では自然乾燥だったので濡れた髪を気にせず、そのまま友達と遊んでいた私への優しさだったと思う。

髪が肩に少しかかるか、かからないくらいの長さだった。初めて使うドライヤーに若干心躍りながら使ってみた。冷えた髪の毛にドライヤーの温風が心地よい。

温かさにうっとりしながら、夢見心地で使わせてもらった。

5分、いや10分くらい経って、友達が洗面室にいる私を呼びに来た。『ねえ、まだー?早く遊ぼう?』10分間もドライヤーをしたが、私の髪はまだ半分も乾いていなかった。まぁ、いいか!こんなもんだろう!友達と遊びたかったので、気にはなったがそのまま友達の元へと戻って遊びを再開した。問題はその後だ。友達と遊んでいる途中で横になって眠ってしまったらしい。

何時だったが覚えていないが、途中で友達のお母さんに起きるよう声をかけられた。もちろん、友達も一緒に寝ていたので起こされた。寝ぼけ眼で目を開けようとする私に、友達が笑った。『何その寝癖!やだー!』慌てて鏡を見ると、先程半乾きの髪で横になったせいか、私の頭はまるでマッシュルームのように膨れ上がっていたのだった。

手で押さえても、慌てて手ぐしでとかしても、もちろん直らない。恥ずかしかった。正直、めちゃくちゃ恥ずかしかったし、初めて羞恥進というものを経験したと思う。小学3年生という、若干お年頃であった私にとって、これは忘れたくても忘れられない出来事でした。

硬くて太い髪がイヤ。量も多くて大変なんです

ママ友で、オシャレなママさんがいるんですが

その人はお洋服やアクセサリーだけでなく、ヘアアレンジも自分で工夫されてやっているんです。

くるくる巻いたり、編み込みをしたり、ポニーテールにしたり…とても素敵で、憧れのママさんです♪

やっぱりある程度髪の長さがある方が、いろんなアレンジができて楽しめますよね♪

一方、私は年々髪の長さが短くなっています…

理由は2つ、

・髪の量が多い

・髪の毛が太く、アレンジが難しい

私の母もそうなので、遺伝なんでしょうね。髪の量がとにかく多いです!夏は暑いし、ドライヤーも時間がかかってもう嫌になります!

そして、髪の質が太くてしっかりストレートなんです!そのため、ヘアアイロンで巻いても、すぐに巻きが取れてきちゃうんですよね…なので、しっかりキープしたいときは、強めのヘアスプレーでがっちり固めないといけません。

編み込みをしてみても、髪が硬いせいかするんと髪の毛が飛び出してきたりして、とっても苦労します。

まぁ正直なところヘアアレンジに苦戦しているのは、髪質のせいだけではなく、私の腕が足りないというところにもあるのかもしれませんね。

そんな理由があって、ヘアアレンジもだんだんとしなくなって、楽さを求めていくうちに髪の長さは短くなっていくのでありました。

でもやっぱりたまに長い髪に憧れて、伸ばしてみたくもなるんですよね…

柔らかい髪、ヘアアレンジしやすい髪の毛が羨ましいです。