カテゴリー: スキンケア

30歳はお肌の曲がり角・・・?

32歳になり、20代のころに比べて肌が変わってきたと感じることが多々ある。例えば、吹き出物の治りの悪さ。10代の頃からニキビができやすい体質で、大人になって少し落ち着いたが、ふとした時に頬や顎に吹き出物ができる。昔は薬を塗って2、3日すれば治っていたものが、ここ最近は1週間を過ぎても治らない。

アスハダの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月使用した体験談をレビューでお届け!

ターンオーバーがうまく行われていないのだろうか。それから顔のむくみ。春先にとった自分の写真を見てみたのだが、思っていたより数倍顔が丸かったのだ。確かに昔に比べれば数キロ太ったが、まさかここまでとは・・・。

それからというもの自己流ではあるがリンパマッサージをするようにしている。始めたばかりのころは、ゴリゴリに滞っておりリンパの流れが悪くなっているのを実感した。心なしかフェイスラインがすっきりした気もするが、まだまだ個人の感想レベルである。「あれ?少しやせたんじゃない」と第三者に言われるまでは努力を続けなければと心に誓った。

「30歳はお肌の曲がり角」なんて言葉を聞いたことがあるが、まさにその通りなのではとがっかりしている。

しかし、ここが踏ん張りどころだとも感じる。悩みに向き合い上手に乗り越えれば素敵な40代、50代が待っていると信じて今日もリンパマッサージを頑張る私なのである。

毛穴のブツブツに悩まされる

今現在、毛穴のブツブツ、イチゴ鼻に悩まされている。いちばん、酷いのは鼻でくぼみのように凹んでみえるため 低い鼻がますます低く見えてしまっている。油分が多いからか、または乾燥しすぎているために肌が油分を出そうとしているのか分からないが、油取り紙で油を取っても、すぐにまた次の紙が油でいっぱいになってしまうほどベタベタしている。

モイスポイント

やっかいなのが年齢を増すごとに毛穴が拡がっている点。

ファンデーションで隠すこともそろそろ限界になってきた。過去に毛穴を除去するシートやパックを使って毛穴を塞ぐことを試みたことがあるが、ことごとく失敗。

塞ぐどころか、これが刺激となってかますます拡がってしまった。

なので、今は毛穴に効く洗顔石鹸だけ使っている。これも効いているのかよくわからない。

食事が、マックやインスタントラーメンが好きなのも災いしているのかもしれない。フライドポテトが好きでよく食べるから?

と前よりは食べる回数を減らしてはいる。日常で簡単に毛穴の開きが抑えられる手頃な商品があったらいいと思う。

けれど、外側から何とかするよりも、内側から何かケアした方がいいのかもしれない。

いづれにしよ、商品が高額なのは手が届かないし、ケアも無理な対処は続かないので簡単で長く続く毛穴ケアがあったらいいと思う。

悩みはそばかすからしみへ

私は小学生のころからそばかすがあり、それが本当に嫌でした。アスハダの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用したアラサー女子の口コミ&評価!

親にも兄弟にもそばかすがあるので遺伝的なものなので、仕方ないといえばそうなのですが、同級生の何にもないお肌を見ると自分の肌が汚く見えて、悲しくなったりしました。

そばかすは大人になれば薄くなっていくよ、という親の言葉を信じて、せっせと日焼け止めを塗ったり美白美容液・化粧水を使用したりしましてが、そばかす自体がなくなることはありませんでした。親戚に顔をまじまじと見られて「日焼け止め塗ったほうがいいよ」と言われたときには、これでも塗ってるのに…と、本当に悲しい気持ちに。

大人になってからは、ナチュラルメイクの潮流もあり、そばかすも自分のチャームポイントと前向きに捉えられるようになってきましたが、20代後半になるとニキビ跡が色素沈着してほくろのようになったり、今まであったそばかすとは別の小さなシミがポツポツ見られるようになってきました。相変わらず日焼け止めや美白アイテムは使用しているのですが。

レーザーでも当てない限りしみ・そばかすを根本的に消し去るのは難しいのかもしれないと受け入れつつ、最近では美白ケアに加え、せめて肌をくすませないようにと保湿ケアに注力しています。

大人ニキビ、どうにかしたい!

二十歳を過ぎたらニキビはニキビって呼ばないよ

なんてよく言われたりして

わかってるよ!と答えつつ

だからといって吹き出物、とい呼び方に

実は抵抗感があったりするのは私だけでしょうか?

http://www.deepklassified.com/

なので、抵抗して二十歳はとっくに過ぎましたが

ニキビ、そう大人ニキビについての悩みを

聞いてほしいんです!!

昔からニキビができてしまう肌で

どんなに薬や洗顔に気をつけても繰り返しできて

皮膚科に行ってもなかなかいいお医者さんに出会えず

思春期はニキビと歩んでいたといっても

過言ではありません。

しかし、そんなニキビとも大人になるにつれて

うまく付き合えるようになり

以前のようにできることは減っていきました。

が、今度は若い頃のニキビとは違うタイミングで

大人ニキビができるようになってしまったんです。

理由は、おそらくストレス。

大人になる過程で、自分の肌に合う

スキンケア商品を少しずつ見つけていったので

普段はそこまで悪化することはありません。

それが、精神的に負荷がかかる出来事に出くわすと

必ず大人ニキビ、しかもひとつ大きなサイズが

できてしまうようになってしまいました。

ストレス時期は自分でも気づかないうちに

ケアを怠ってしまったりしているのかとも思うのですが

気をつけていてもやはりできてしまいます。

薬を塗れば比較的治りやすいのも特徴なのですが

大人ニキビはできるとテンションががっくりさがり

ストレスが倍になるような気持ちになります。

この肌にでる体質、どうにかならないものでしょうか?