月: 2021年5月

私の理想は永遠のお椀型

ふっくらと丸みのあるお椀型が私の理想する形です。盛りブラを使って作る偽物ではなく、正真正銘の柔らかくてふっくらとしたお椀型を常に理想とし心がけています。気がつけば猫背になりがちな背中を意識して背筋を伸ばし、胸筋も適度につけるように運動も怠りません。

http://www.triathlon-mp.com/

今はまだ20代ということもあり、これくらいで効果は実感出来ています。離れたり、垂れたりもせず程よい形を保ててはいます。ですが、これがいつまでも続くとは到底思えません。いつかは垂れるだろうし、無理をすれば形も崩れてしまいそうです。

今から対策を取らないといけないような気がしてなりません。柔らかさもしっかりと保ちたいので筋トレは要注意だろうなと思っています。バストケアと言えば、専用のクリームやナイトブラなどを最近よく耳にします。これらを試してみるのもいいのかなと考え中です。それから、以前よく話に聞いていた豆乳も良いのではと思っています。とりあえず、簡単で始めやすいものから始めてみるべきだと思うので、豆乳を飲んでみようと思います。

バストケアクリームやナイトブラは口コミを調べたり、友だちの情報を集めてゆっくり検討してみようと思います。目指すは永遠のふっくら柔らかなお椀型です。

年齢を感じさせない肌の為に取り組んでいること。

20代半ばから肌を気にかけるようになってきました。
30代以降はその人の手入れの仕方で肌が決まると聞いたことがあるからです。

顔のシミやくすみ、首や手など年齢が出やすいところが特に気になります。
メイクで若く見えたとしても肌から年齢を感じると少し残念な感じがしてしまいます。

http://www.galbroward.org/

化粧水や美容液、エステなどお金をかければ肌が綺麗になるのはわかるのですが、
無理をしてお金をかけずに歳をとってからも若々しい状態を保っていられるのが理想です。

そこで思い出すのは学生時代のアルバイト先にパートとして働いていた30代のお母さんです。

彼女は美意識がとても高くて、マツエクやサークルレンズはもちろんネイルも綺麗に保っていました。
そんな彼女は学生アルバイトたちの間でも綺麗なお母さんと評判で良くいろんな情報を教えてもらっていました。

今でも記憶に残っているのが、化粧水は首まで必ず塗っているということです。
私は学生時代から首のシワがずっと悩みでしたが、彼女は年下の私よりも綺麗な首やデコルテでシワも無く白い肌だったので、一体どんなケアをしているのか聞いたところこれだけは必ずやっているとのことでした。

良く首まで化粧水を塗るとは聞きますが、一体どれだけの効果があるのかは甚だ疑問でした。
しかし実際に自分が綺麗だなと思っている方のお話にはとても説得力があります。

それを思い出してからというもの顔に化粧水をつけるついでに首にもつけるようになりました。
心なしか以前より触り心地が良くなっているように思います。
まだシワは薄くなった実感はないけれど、これから私が彼女の年齢になった時が楽しみです。