月: 2021年4月

肌を白くしようとすること

美白対策にできることは色々とあるわけですが自宅でできることというのをまずは中心に行っていくようにしたほうがいいでしょう。http://studiobigosinska.com/

美しく白い肌を手に入れたいと思うのであれば、当然ながら適切なスキンケアを続けるだことにしましょう。継続的に行うということに意味があり、そうすることによってしっかりとした美白を目指すことができるようになります。

美白対策に効果的な方法としてあるのがまずは日焼け止めを塗ることでしょう。まず日焼けは大敵です。美しい白い肌へ導くためには紫外線を避けるようにしましょう。

つまりは、日焼けを防ぐことが基本中の基本といます。紫外線を受けると肌の表面にメラニンが沈着していくことになります。それが茶色や黒色へとなっていくわけであり、全く美白とはかけ離れたことになります。そして、もう一つ大事なのは洗顔です。

しっかりとした洗顔で角質を落とすことにしましょう。ターンオーバーが遅れているときにはどうしても古い角質が肌に残ることになります。そうしますと肌の色がくすんで見えてしまいますから、洗顔で古い角質を取り除くことが美白への、美肌への道となります。よい洗顔石鹸を使うようにしたほうがよいのは間違いないです。

糖質がやめられない方必見!!低脂質ダイエット

皆さんは低脂質ダイエットをご存じでしょうか。
少し前までは、糖質制限を主軸としたロカボダイエットが注目を集めましたが、お米やパンなどの摂取を控えなければならず、挫折をしてしまった方も多いのではないでしょうか。

グラマスパッツのクチコミそして効果!

そんな方にお勧めなのが「低脂質ダイエット」です。
筆者も実際に体験しましたが、1カ月で約2~3kgの減量に成功しています。

低脂質ダイエットは、三大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)のうち脂質を制限するダイエットです。この三大栄養素には、それぞれ決められたカロリー設定がある事をご存じでしょうか。たんぱく質と炭水化物はそれぞれ1gあたり4kcalなのに対して、脂質は1gあたり9kcalと2倍以上のカロリーがあります。つまり、脂質の摂取量を意識的に減らす事で、結果的に総摂取カロリーを減らすこととなり、痩せることが出来るというわけです。

例えば、鶏肉料理ひとつとっても、100gの鶏のから揚げでは約300kcalとなりますが、油を使わない鶏むね肉のサラダチキンでは約110kcalと、同じグラム数でも1/3のカロリーしかありません。脂質の有無でこれだけの差が出るのは正直驚きですよね。
脂質の量さえ抑えてしまえば案外量を食べられるのが低脂質ダイエットのメリットです。

そして、この脂質制限ダイエットには他にもメリットもあります。
チョコレートやケーキなどの洋菓子は脂質を多く含みますが、和菓子はほとんど脂質が入っていませんので少量であれば甘いものも食べることが出来ます。
調理の際の油の量を減らす。肉の脂身や皮などは外して食べる。甘いものが欲しくなっても洋菓子ではなく和菓子にする。

案外気軽に実践出来るダイエットですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

妊娠中の肌トラブル【赤み編】

妊娠中には、さまざまなお肌の変化が見られるのをご存じですか?
実は、妊娠中にはホルモンバランスが変化することによって、「肌の変化」みられるそう。約80%近くの方が実際に肌の変化を感じているそうです。

レナセルクリアセラムは販売店で市販されている?話題の美容液の購入方法から効果口コミまでを全暴露!

≪実際に経験した妊娠中の肌トラブル≫
私も妊娠して肌の変化を感じましたが、中でも悩まされたのが「顎ラインの赤み」でした。妊娠初期から、少しずつ赤みが出てきて不思議に思っていましたが、中期に入ることには誰が見ても分かるくらいの赤みに…。
ポロポロと皮膚がはがれてきたり、痒みが止まらなかったりと日に日に肌が荒れてくるのが分かりました。
市販の化粧水を使ってみましたが、ピリピリしてしまい使用を断念しました。

≪妊娠中の肌トラブルへの対処法≫
そんな「顎ラインの赤み」に悩まされていた私でしたが、産婦人科の先生に相談したところ、あっさりと塗り薬を処方していただきました。
ヒルドイドローションという塗り薬で、保湿をしてくれるものだと説明を受けました。帰宅し、早速その晩から塗ってみたところ、翌朝少し肌荒れが落ち着いているのが分かりました!(ヒルドイドローションは、日光に当たると変色してしまう性質があるとのことで、夜間に塗るようにお医者さまからお話しがありました。)

≪まとめ≫
妊娠中の肌荒れはホルモンバランスが変化することによって起こることが多いので、悩まずにお医者さまに相談するのがおすすめです!

やせられたけれども続けるのが難しい

ダイエットはこれまでいろいろと行ってきましたが、せっかく効果が得られても長続きしないということでずっと困ってきました。いろいろとダイエットを試していると、成功するダイエットに巡り合えるのですが、なかなかその状態を維持するのが難しいということがあります。

プレミアムスリムスキニーレギンスの最安値通販サイトや私の口コミ

目標は達成することはできるのですが、ついついそれで気が緩んでしまいリバウンド、というサイクルを結局何年も何年も繰り返していることが長期的に見て分かるのです。最近行ったダイエットはかなり正統派のダイエットで、自転車に乗って長距離を走ることでとても良い形でダイエットを行うことができ、おかげでとても良い感じに痩せることができました。

このダイエットはかなりつらくて、自身の限界に挑戦というようなものでした。しかし、方法的にはとても自然で理想的で、これ以上ないくらいに素晴らしいと思います。

しかし、このダイエットはかなりハードで、なかなか続けることが難しいという課題があり、最近ではせっかく痩せられたのについつい甘いものが増えてしまい、その効果がだんだん薄れてきています。しかし、なかなか同じダイエットをするとなると、心理的なハードルがあり、それが課題になりました。

若白髪が年齢に追い付いてきました

小学生の頃から若白髪があり、周りの同世代は白髪がある人なんていなかったので、「どうして自分だけ年寄りでもないのに白髪があるんだ!」とすごく悩んでいました。母親も若白髪だったようですが、若白髪は遺伝と聞いたことがあったので母親を恨んだこともありました。

http://www.xtutti.org/

周りから「こいつ老けているな」と思われるのがものすごく嫌で、高校生の頃から白髪染めを使ったりして白髪を隠そうと何とか努力していました。やっぱり女子にもてたいですもんね。大学生になるとカラーリングで茶色に染めたりしていましたので、だいぶ白髪が目立たなくなりましたが、髪が伸びてくるとどうしても根元の白くなった部分が目立ってしまいます。それを隠すために頻繁に染めたり、髪型で隠したりしていました。

社会人になっても白髪染めは定期的に行っていましたが、いつしか自分で染めることが面倒になり理容室で染めてもらうことが多くなりました。
そんな私も40代半ばになり、もう白髪染めをせず自然な色でやっていこうと思っていたのですが、この歳して初めて子供を授かりました。現在保育園に連れて行っていますが、周りが若いお父さんが多いので「あの子のお父さん老けているな」と思われたくないので、現在も白髪染めは止められずまだしばらくは続けていこうと考えています。